AGAとは

AGAとは男性型脱毛症を意味する言葉のことであり、頭髪全体が薄くなる状態になってしまいます。 当サイトではAGAとは何かといったことから治療法と対策についてご紹介します。 AGAの原因は遺伝や男性ホルモンの量が影響していると考えられており、全国で1260万人の方々がこうした症状にかかってしまっているのです。

その中でも何らかのケアを行った経験がある方々の人数は650万人程度となっていますから、AGAになることはさして珍しいことではないと言えるのです。

AGAには幾つかの進行パターンがあり、登頂部・額の生え際・前頭部といった部位から徐々に髪の毛が減ってしまうことがあります。 AGAの研究が進められた結果脱毛した部分にはジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が多数確認出来ており、これが頭髪の成長期を短くしてしまっているのではないかと考えられています。 通常よりも成長期が短くなってしまうと毛が太く成長する前に抜けてしまいますから、細く短い頭髪ばかりになるのです。 こうした症状が続くと全体的に薄く見えてしまうようになるのですが、幸いにも毛包の部分は残っていることが多い為ここの部分を守ることで再度頭髪が生えてきます。

毛包の部分を守る為には様々な種類の育毛剤を使わなくてはいけませんので、自分にてきたものを手に入れられるよう準備して下さい。 今では販売価格が安く良い成分が含まれている商品が多数販売されていますから、AGA対策を始めることは簡単となりました。

メインコンテンツ

その他のコンテンツ